Deep foundation for Auftragstaktik

毎度お馴染みChetさんの移譲戦術について。
ドイツ軍の組織文化として根付いてたという話。
組織文化と言うところがミソです。

Slightly East of New

Don Vandergriff has a nice piece at Small Wars Journal on how Auftragstaktik developed and why.  He makes what to me is an extremely important but generally overlooked point that mission orders, which is how most people explain the term, are not what defines Auftragstaktik but represent evidence that the underlying culture is alive and working.

As a culture, Auftragstaktik implies that those who can influence the organization — top leaders, board members, large shareholders, influential members of Congress, etc. — have given careful thought to and so evolved practices for selecting, training, retaining, and promoting people who embody the philosophy and separating those who do not.

If this happens, what we call “mission orders” (or something, perhaps, even better) will be the natural outcome.

http://smallwarsjournal.com/jrnl/art/how-germans-defined-auftragstaktik-what-mission-command-and-not

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中