New Edition of Boyd’s Discourse

ChetさんのBlogより。Graham Hammond(The Mind of warの著者:Boydの研究者の一人)によるDiscourse of Winning and losing の研究文が出た様です。是非。

Slightly East of New

Grant Hammond, a long-time associate of Boyd’s and the author of The Mind of War, John Boyd and American Security (Smithsonian Press, 2001), has published a new edition of Boyd’s Discourse on Winning and Losing. You can download it from Air University via a link on the Articles page.

Grant has included a new Introduction, along with an Afterword, index and an Appendix. You can access further information on some of the concepts via QR codes sprinkled throughout the text.

This is a major effort and makes a significant contribution to understanding John’s work.  I strongly encourage all readers to download it.

If you’d prefer a hard copy, you can order one free of charge from Air University Press: http://www.airunioversity.af.mil/AUPress/

By the way, if you’re wondering what happened to Boyd’s last briefing, The Essence of Winning and Losing, Grant includes the material from it in the Appendix.

元の投稿を表示

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中